« May 2005 | Main | July 2005 »

June 30, 2005

イース フェルガナの誓い(1)

まったりとプレイ日記開始。

白き魔女やイース4みたいに細かい記録はしてませんから、あっさりと感想だけみたいな形で。
(ちなみにPSP版の英伝4は、王都フィルディンに着いたところで中断。めっちゃ序盤w)

今日はゲーム開始~イルバーンズの遺跡前半(溶岩地帯に落とされるところ)まで進めました。

開始直後のイベントにはびっくり。イースエターナル、イース2エターナル、イース6と「アドルが遭難、介抱されたところからスタート」というパターンが出来ていたので、「今回はどんな風にいきだおれるのだろう」と楽しみにしていたのですが(笑)

BGMも良いですね。1つだけ気になったのは、やたらと16分音符のスネアの連打を多用してるところ。サウンド的にはかなり違いますが、メインのアレンジャーの方がトランス好きなんでしょうか。
気になった、と言ってもトランスのフィルをトランスと似ても似つかないサウンドの曲で使う、と考えると、意外性があって格好いいアレンジだなあ、と思いました。

あと、今回微妙に難易度が高いかも知れませんね。ボスが、初見だとなかなか倒せないです。これは丁度いいバランスだと思うんですが、巷の評判はどうなるのかなあ・・・・。

グラフィックはイース6をもっと細かくした感じで綺麗ですね。ただ、ファルコムのゲームの「絵柄」なのか、ちょっと細かい模様が多くて目がちかちかすることがあります(^^

アクションでは、慣れの問題なのか空を飛んでる敵をジャンプ攻撃で狙うのがちょっと難しくなったように感じました。

もう一点、たまに効果音が鳴らなくなることがあるみたいです。正確に言うと、いくつかの効果音が同時に鳴るべき時に、どれか1つしか鳴らない、みたいな感じです。
例えば、アドルが敵を攻撃して倒したとき、剣の音、ヒット音、敵の断末魔、等が重なって再生されるはずなのですが、剣の音しか聞こえなかったりします。

この辺は相性かもしれませんね。

明日はドライブに行くのでたぶんプレイできません。トータル3日あれば終わるかな、とは思ってるんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2005

ウルティマ9終了

ああ、終わりが近いのは分かっていたけど、とうとう終わってしまった。

また最初からやろうかな、もちろん3年くらいかけてw

このゲームの開発が始まったのは1994年、発売されたのは1999年。ただ、ロード・ブリティッシュ(リチャード・ギャリオット)がやろうとしたことはあまりにも高度で、90年代の技術では結局実現できなかった。
本来なら、常識で実現され得る限界を超えたクオリティを実現しなければ発売されてこなかったウルティマシリーズも、商業的な理由で発売を急がざるを得なくなり(99年の時点で発売してしまうか開発を中止するか、という選択を迫られたそうな)、結果的に、さまざまな面で未完成な作品が完結編として発売されることになりました。

でも、それなのに、5年を経て6年目の今もなお、このゲームが実現したことはあまりにも大きく、理想としたことにはまだ誰も届いていない。
その後ウルティマを生み出した天才はオリジンを去り、オリジンシステムズは解体された。
ウルティマは「ウルティマオンライン2」の開発が中止され、EA内部のウルティマを愛するスタッフによって開発が進められた「ウルティマX:オデッセイ」も開発が中止されました(これはむちゃめちゃ楽しみにしていたので、知ったときは本当にショックだった)。

ウルティマを超える作品はもう出てこないのか・・・・?

考えられるのはこれしかない。
リチャード・ギャリオット氏の新作である「Tabula Rasa」、日本でももっと紹介して欲しいですね(^^;

確かにウルティマ9以上のグラフィックでウルティマ9並の自由度がある、ウルティマ7並にリアルな仮想世界を作りあげて欲しい気持ちもあるんですが(ウルティマ9は5~7の作品に比べると、さまざまな要素が削られてシンプルになっている。あれでも削られてるんです、オソロシイ)。

ていうかロード・ブリティッシュがEAからウルティマの権利買い戻してくれたら(ry

| | Comments (562) | TrackBack (0)

June 26, 2005

さっきまでウルティマをやっていた。そしてウルティマについて語りたい(ぉ

就職活動はどうした(ぉ
いや、息抜きは大切ですよ?

ウルティマと言ってもオンラインではなく、スタンドアロンのいわゆる「オールド」ウルティマです。
僕はファルコム信者として悪名を馳せてるんですが、ウルティマ・ウィザードリィといった古典的海外RPGの大ファンでもあります(昔、2chで「英伝3が好きだなんてゲームをわかってないヤツだ。こういう人間にウルティマやウィザードリィは分かるまい」みたいに言われてたこともありますが、おそらくそんな事を言う人間よりも数段詳しい程度ではあると思う)。

ウルティマ、ウィザードリィと来れば次はマイト&マジックかバーズテイルでしょうか。
ただ、僕の場合は昔ファミコン版をプレイしたAD&Dプールオブレイディアンスですね。何年か前にWindows用の同名ゲームが出てますが、あれとは別物です。
これも、マイナーですが素晴らしいゲームです。

ただし、「海外RPG好きだぜ!詳しいぜ!」と言ってるくせに、ちゃんとクリアした経験はほぼ、ありません(爆笑)
「ゲームを終了する」ことで文字通り終わってしまう国内のゲームと違って、海外のRPGは冒険すること自体を楽しませてくれます。
なので、ゲームクリアは目的として選ぶ1つにすぎないのです。
いわゆる「クリア後のお楽しみ」的な要素ではなく、プレイのプロセスそのものが幅広く、サービス精神にあふれています。

・・・と、もっともらしい事を言って誤魔化しておこう。海外RPGが「難しい」のは確かだと思いますし。

で、今日やってたのはウルティマ9アセンションです。
もう3年くらい、時々思い出したようにプレイしてちまちま進めてますね。
さすがにゲーム全体の相当終盤まで進んでしまいましたが・・・エンディングを迎えてしまうのが少し寂しいゲームです。

何と言っても世界が広い!そして、ほぼ「行けない場所は無い」そのすごさ。
某「見渡す限りの世界がある」はずのゲームを数年先取りしていました。実際、あれの画面写真が初めて公表されたときに僕が持った印象は「鳥山絵に差し替えたウルティマ9」でしかなく、その後店頭公開用に配られてきた動画や実際のゲームプレイを見てもその印象は変わらず強まる一方でした。
(ただし、あっちの方が安定性と完成度ははるかに高く、ゲームとして面白い。)

「面白くはないのかよ!」ってツッコミを受けそうですが、ウルティマ9は「観光ゲーム」でしょうかねw
このゲームの世界は、見た目にはまあドラクエ8を洋ゲーにしたようなものなんですが、格段にすごいのは全てが一つながりの、切れ目の無いマップである、ということ。
街やダンジョンに入るときも、マップを切り替えるという動作はないのです。そして、山の頂から海の底まで、一つながりのポリゴンでモデリングされています。
このゲームでは、プレイヤーは好きなように川や湖、海を泳ぎ、息の続く限り潜ることさえできてしまうのです。
(ちなみに深海に挑戦しようとすると速攻で死にますw)

ダンジョンや街どころか海の底までが一つながりになっている、ということは、つまりウルティマ9の世界は「巨大で精巧な1つの3Dオブジェクト」である、ということですね。

その世界は、基本的に行けない場所はありません。
足場の悪い岩山や断崖絶壁でも工夫次第で踏破できます。先に言ったように、海や湖、川も泳いだり潜ったりすることが出来ます。城の屋根の上から飛び降りてみるのも自由ですし、足場が無ければアイテムを積み上げて作ることもできます(たまにポリゴンの隙間に落ちていって失うことになるのはご愛敬)。

プレイヤーは視線だけを動かして辺りを見回し、歩き、走り、後ずさり、カニ歩きし、ジャンプし、段差をよじ登り、椅子に座り、ベッドに横たわって眠り、泳ぎ、潜り、沈み(笑)、さまざまなモノを手にとって使用することが出来ます。
例えば食べ物は食べることが出来ます。パンを自分で焼いて作ることもできますし、時計は読むことができ、楽器は演奏することが出来ます。

昼夜と天候が変化する世界ですので、野外の寝床で満点の夜空を見上げながら寝ることも出来ますし、暗い洞窟をやっと抜けたと思ったら暗雲たれ込める雨天だった、なんて経験も出来ます。

マップ上にはストーリーに関連しない、誰も知らないような洞窟や、誰かの墓、謎の祭壇、人里離れて暮らす変わり者達、人知れず命を落とした旅人たち、滅ぼされた村、狼の巣、ゴブリンの集落、数え切れない財宝、ユーモアあふれるいろいろな物(例えば、普通は絶対行けないような場所にいくばくかのコインがあったり)など、探索して飽きることの無い多くの「見所」が散らばっています。

本当に素晴らしい世界を素晴らしい自由度で旅して楽しめるゲームです。
が、ストーリーは冗長だしバグは無数にあるし、なにしろフラグが壊れてハマリに陥ることも多く、さらに長時間プレイするとどんどん動作が不安定になり、一定時間毎に再起動することが推奨されてます。

というわけで製品としては非常にアレなのですが、一方でずば抜けた楽しさを持ったこのゲーム、「EA BEST」シリーズで廉価版も出てますので、一家に一本いかがですか?w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

漫画好きに100の質問

mixi内で答えてみたものですが、こちらにも。

▽まずは自己紹介も兼ねて20問。

その1。ペンネーム、生年月日、血液型を教えて下さい。
 がっでむまたはガッデム!!、11月22日、B型

その2。どこにお住まいですか?
 北海道の釧路市

その3。中高校、何部所属でしたか?
 科学部、イラストレーション同好会、パソコン同好会

その4。母校(小中学高校)で変わった部、何かありましたか?
 強いて言うなら僕が居たところはどこもそうだった

その5。『同人』という単語、御存知ですか?
 はい
『はい』(もしくはそれ相応)と答えた方。一般(買う側)ですか?サークル(売る側)ですか?
 買う側。描くのに参加したこともあるにはあります。

その6。今まで生きて来た中で一番大好きな漫画作品は何ですか?
 ともち「愛をあげよう」と即答します

その7。大好きな漫画家さんを1人だけ教えて下さい。
 かなり悩んで「板橋しゅうほう」(答える度に違う名前になりそう)

その8。尊敬する漫画家さんを1人だけ教えて下さい。
 荒木飛呂彦

その9。あなたの考える『良い漫画』とは何ですか?
 人間を変える作品。

その10。どんなジャンルの漫画が好きですか(Ex.少女漫画)?
 あえて絞るなら少年漫画

その11。初めて買った漫画は何ですか?
 覚えていません。

その12。現在、何冊くらい漫画を持ってますか?
 400~600冊程度。何年か数えてません。

その13。古本屋派?書店派?
 新刊買うなら書店派ですが、古本屋で絶版作品を集めることが多いです。

その14。絵がスペシャル上手いけど面白くない漫画とめっちゃ
おもろいけどイタイ絵の漫画、どちらを選びますか?
 後者です

その15。持ってる漫画で一番長い漫画は何ですか?全何巻ですか?
 超人ロック。1967年から今まで続いています。冊数数えるのは勘弁して下さい。

その16。定期購読してる漫画雑誌を教えて下さい(立ち読みも可)。
 コミックバーズ

その17。漫画・アニメ系情報雑誌(ぱふ、アニメージュなど)は読みますか?
また、何を読んでますか?
 好きな作家さんのインタビューなどを見たくて読むことがあります。特定の雑誌を読むということではありません。

その18。自分で漫画(イラストも可)を描いた事がありますか?
 あります

その19。漫画が好きな事を周りに隠していますか?
 いいえ

その20。あなたのHPは何サイトですか?
 自称DTMサイト兼ゲームファンサイト(何だそりゃ

▽GOGO続いて21~40問。

その21。好きなキャラクター達の共通点は何ですか?
 自分自身を克服しようとすること。
 あるいは、自分自身であり続けようとすること。逆のようですがそうではないです。

その22。漫画のキャラに本気で恋した事、ありますか?
また、誰に恋しましたか?
 ナシ。

その23。大好きなキャラを男、女、動物
それぞれ1人だけ挙げて下さい(作品名作者名も)。
 男性キャラ:ロック(聖悠紀「超人ロック」)
 女性キャラ:高城千砂(冬目景「羊のうた」)
 動物キャラ:イギー(荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」)

その24。自分の家族(続柄は何でも可)、恋人、伴侶、友人、
ペット(人間も可・・)なって欲しいキャラはそれぞれ誰ですか?
 父に安藤章吾(ともち「愛をあげよう」)、これだけはガチ。恋人なら斉藤遙子(二宮ひかる「ハネムーンサラダ」)、
伴侶ならカゴメ(中津賢也「桃色サバス」)、
友人になって欲しいのは広瀬公一(荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」)、
ペットは・・うーん・・・おかま円盤の象さん(竹本泉作品全般)。

その25。漫画の中で言われたいはどの作品のどんなセリフですか?
 「オレを殴ってみろ!」元ネタはあえて記しませんw

その26。では逆に。言ってみたいセリフは何ですか?
 「これこそがオレたちの任務だよ!」
士郎正宗「アップルシード」のブリアレオスの台詞から。
近しい誰かが悩み苦しんでいるときに、その人を導いたり叱咤することが出来る人間になりたい。

その27。思い出すだけで涙が‥‥。そんな漫画の名シーン、教えて下さい。
 「愛をあげよう」の最終回で、初めて父を父と呼ぶ主人公。この漫画は、読了するまでに何度泣いたか知れないです。

その28。あなたは漫画で例えるならどの漫画のどのキャラですか?
 板橋しゅうほう「Hey!ギャモン」のフレディ・マウスキー。あんな面白い人間ではないですけど・・・

その29。1冊いくらまでお金を払えますか?
 1万円未満なら。

その30。この漫画家さんに描いて欲しい!こんな話!
教えて下さい(ジャンル、自分の創作話、他の漫画・小説、ドラマ等)。
 竹本泉に「ジョジョの奇妙な冒険」を・・・w
たぶんえらいことに。

その31。逆に。この漫画、このキャストでTV化!
教えて下さい(アニメでもドラマでも)。
 古屋兎丸の「Marieの奏でる音楽」をジブリがアニメ化したら・・・・これは観たい!!

その32。何年経ってもついつい繰返し読んじゃう漫画は何ですか?
 1つに絞るなら「超人ロック」。

その33。ネタにしてるエロ漫画(家作品)さんは??
 紫川弓夜

その34。毎月どのくらい漫画に費用を費やしてますか?
 多いときで2~3千円ほど。

その35。歌と漫画の内容が似ていると思うものはありますか?
 特にありません

その36。毎日どのくらい漫画読んでますか?
(時間、程度どちらでも可)
 読まない日もあるけど、大体1時間くらい。

37。漫画読みながらついつい手が出るものって何ですか?
 コーヒー

その38。自画像を描いてもらうなら誰に頼みますか?
 野中英次

その39。好きな漫画のグッズを何か持っていますか?
 特になし。

その40。自分の子供。生まれたらやっぱり大好きなキャラの名前にしますか?
 弥生、卯月、正午あたりは検討しそう(全部「愛をあげよう」より)。

▽若さ溢れる41~60問♪

その41。女装(男装も可)させたいキャラ、教えて下さい。
 思いつかなかったので川原泉の「笑う大天使」三人娘が男装。二人は蝶・似合うだろうけど・・・

その42。1日漫画のキャラクターになれるとしたら、誰になって何をしますか?
 パピヨン(武装錬金)になって中華街で食べ歩き。もちろん斗貴子さんつきを希望しますが何か?

その43。買った本にカバーをしてもらいますか?
 いいえ

その44。買って当てるプレミアム。欲しいものが当たるまで買ってしまいますか?
 いいえ

その45。本屋さんにあるキャンペーン用ディスプレイ。貰った事ありますか?
 あります。むしろ本屋だった頃にw

46。こいつだけは許せん!って程嫌いなキャラ、いたら教えて下さい。
 特に思いつきません。

その47。キャラクターに言って欲しいセリフが何かありますか?
 範馬一族にはぜひ「ムエタイは地上最強の格闘技です!」と言って欲しい

その48。持っている本はどこの出版社が多いですか?
 偏ってはいないと思いますが、集英社は多いでしょうか。ジョジョがあるから。

その49。漫画カレンダーを毎年買っていますか?
そして何の作品のカレンダーですか?
 買ってません。

その50。漫画に関する失敗談、あったら教えて下さい。
 特に思いつきません。

その51。アニメ(ドラマ)になってがっかりした漫画は?
 羊のうた(即答)。

その52。逆にアニメ(ドラマ)を見てハマった漫画は?
 特にありません(テレビは観ません)。

その53。漫画の影響で好きになったものが何かありますか?
 ちょっとズレてるかもしれませんが、絵の描き方が変わりました。

その54。自分の好みでないのに読んでみて意外に面白かった漫画は?
 うんと昔の萩尾望都作品全般。

その55。漫画で初めて知った言葉、何かありますか?
 すぐには思いつきませんが、たくさんあるはずです。

その56。やっぱり目が悪いですか(どのくらい)?
 実は目は良いです。両方1.5ですね。

その57。ついついうつる、このキャラの口癖、って、ありますか?
 空条承太郎の「やれやれ」。

その58。こんなシーン、漫画にあったよなぁ、というデジャヴにあった事ありますか?
 特にありません。

その59。漫画家に憧れますか?
 憧れます。

その60。何か漫画の影響で始めたことがありますか?
 特になし。

▽そろそろ疲れた?まだまだ続く61~80問。

その61。題名が面白いと思う漫画は何ですか?
 竹本泉の「トゥインクルスターのんのんじー」

その62。会ってみたい漫画家さんは誰ですか?
 竹本泉

その63。絵が好きな漫画家さんを教えて下さい。
 板橋しゅうほう

その64。ストーリーが好きな漫画家さんを教えて下さい。
 竹本泉 ストーリーというより発想かなぁ。

その65。表紙がかっこいいと思う漫画は何の何巻ですか?
 冬目景「ZERO」の、スコラ版の表紙。

その66。誰か漫画家さんのサイン持っていますか?
 持ってません。

その67。ひいきにしてる漫画家さんのHPを教えて下さい。
 「ともち屋本舗」さん、「電脳かば」さん

その68。実際に漫画家さんに会った事ありますか?
 ありません。

その69。少女漫画を読む男、どう思われますか?
 自分もなので何ともw

その70。少年漫画を読む女、どう思われますか?
 いくらでもいるので、やはり何とも。

その71。好きな漫画の文庫版。内容が同じで書き下ろしナシでも買いますか?
 買いません。

その72。「何か漫画貸して」と友達に言われたら一番に何を貸しますか?
 「バオー来訪者」。

その73。終わり方に納得のいかない漫画は何ですか?
 あさりよしとおの「宇宙家族カールビンソン」。終わってないけど、せめて終わりを用意してあげて欲しい。

その74。自分の携帯の着信音にアニメロ入ってますか?
 携帯電話を持ってません。

その75。少女漫画家は嫁に行き遅れる説、信じますか?
 信じてません。

その76。漫画に関するあなたの偏見、教えて下さい。
 「超人ロックが載った雑誌は潰れる」

その77。CGが上手いと思う漫画家さんは?
(CGかどうか分からないという人はカラーが上手い人でも構いません。)
 CGが上手いのはダントツに叶精作。最強のデッサン力を持つ漫画家さんの一人なので、CGでなくてもダントツ。同じくらいうまい板橋しゅうほうも今は全部CGですね。

その78。要らなくなった漫画、どうしますか?
 売り払います。

その79。カラオケでアニソンの十八番は何ですか?
 「ダンバインとぶ」や「風のノーリプライ」をオリジナルのキーで歌えます。

その80。面白くないと思う雑誌、こっそり教えて下さい。
 コミックバーズ(笑)

▽イェーイ。これでラストスパートから一気にゴールの81~100問!

その81。『ぼく地球症候群』を御存知ですか?どう思われますか?
 「ぼく地球」は知ってますけど・・・。

その82。ところで、あの漫画家さんは今?!と思う漫画家さん、誰かいますか?
 たくさん居ますが、一人挙げるなら「岡崎つぐお」

その83。本棚に漫画を並べる時は何順ですか?
 すいません、全然整理してません。

その84。あなたはWin派?Mac派?
 Win派。

その85。ADSL、ひかり等に入ってますか?
 ADSLです。

その86。PCの壁紙、今は何ですか?
 自分で撮った風景写真。

その87。どこからこの質問に辿り着きましたか?
 mixiで、マイミクシィの方が答えているのをみて。

その88。自分の大事なものランキング付けるとしたら漫画は何番目ですか?
 3番目。

その89。漫画とアニメどっちが好きですか?
 漫画。

その90。自分の一番大事な人が「もう漫画を買わないで」と言ったらどうしますか?
 言葉巧みにごまかす。

その91。「この2人って絵が似てるかも」と思う漫画家さんは誰と誰ですか?
 二宮ひかると恋緒みなと。鼻がちょっと似てるような・・

その92。コミックのオビや新刊のお知らせを取っておく方ですか?
 意識して取っておくことはないので、残っているかどうか、という問題になってしまいます

その93。漫画にしおりを使いますか?
 いいえ。

その94。電車やバスの中で漫画が堂々と読めますか?
 読めます。

その95。何才頃から漫画を読み始めましたか?
 6歳か7歳ころ。コミックボンボンだと思います。

その96。手塚治虫と藤子不二雄どっちが好きですか?
 手塚治虫

その97。一番最近買った漫画は何ですか?
 竹本泉の「さくらの境」。今日の昼間に買いました。

その98。『漫画』をテーマにここで1句・・。
 変わりゆく こころ人世も 変えてゆく
・・・ここは笑いを取りにいくほうがいいのでしょうが、苦手なんで。

その99。あなたにとって、漫画とは何ですか?
 自分を作り上げたものの1つ。

その100!では最後に、一言どうぞ(『疲れた』系お断り)!
 1つに絞りながら答えるのは難しい(絞ってねえじゃん)。

-------------------------------------------------------------
・・・いやぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2005

mixiを始めてみました

メールで招待状をいただいていたものの、しばらく気づかずにいたのは秘密

コミュニティやレビュー探しとか楽しいですね。
レビューは結構に、検索しても該当ナシになるものが多かったですけど・・・特に本のタイトルなどは引っかからないものばかりで。
そのうち増えるんでしょうかね。

今日は、就職用の自己PR書類を書こう!と思っていたのですが、昼間からだるい&眠いで全然手を着けられず。
風呂から上がったらなんだか頭痛がする気がします。風邪ひいてるのだろうか・・・(^^;

6月ももうすぐ終わり。僕が前の仕事を辞めて三ヶ月が経とうとしています。
もともと半年間は無職で勉強&チャレンジのつもりでしたが、丁度半分が経過と言うことで、きちんと応募を行いたいですね。

しかしこういう自己PRって何をどう書いたものなんでしょう(^^;
まあ、頑張ってみます。

ちなみに6月は作曲をあまりしてなくて、昨日までに完成させたのはわずか5曲だったりして・・・
ただ、ダラダラと作業していたわけではなくて、それぞれの曲は1日~2日、実時間は数時間で仕上げているのですが。
スケッチ段階で「こりゃダメだ」と思って放り投げたものを入れても15曲くらいですから、5月の半分くらいです。

その分ドライブに行って景色を楽しんだり、CDを聴いたり本を読んでるからまあいいかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2005

履歴書の墓場(何

一日で十枚以上も仕損じて、さらに未だに出来ていないこの事実ッ orz

やばい、やばすぎる
いや、そこまで緊張して書くようなもんじゃないとは思うんですけど、一文字でも何か変に思われたら即ハネられるんではないかという気が

いやまあその。

で、今日の昼間なんですが、専門学校へ学業成績証明書を発行してもらいに行ってきました。
一応事前に電話はかけておいたんですが、行ってみたら事務のおばちゃんがちゃんと覚えていてくれてちょっと感激。
名乗る前に、書類を書き始めてくれたんですけど、ちゃんと僕のフルネームから、学部学科から書いてくれたんですよ。名乗る前にw
職員室にもおじゃまして、当時の担任は不在だったんですが、いろいろ話し込んでしまいました。
うむ、頑張ろう。
だがまずは履歴書が(ry
自己PR書類とかも書いてないですよ、何をどー書いたものか・・・こういうのはワープロ打ちでも良さそうなのが救いかなあ。

昨日の、音楽ファイルのノイズの件ですが、何とか解決。
普通にミックスを作ってある程度マスタリングもしてしまったあとで、波形編集ソフトのノイズリダクションを使用しました。
Audacityというフリーソフトなのですが、除去したいノイズの部分を先に解析させて、たぶんその逆相信号をぶつけてると思うのですが、かなりキレイにノイズを消してくれました。
今はフリーソフトでこんなことが出来るんですねえ・・・(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2005

集中力がなさすぎる

さっきまでずっと曲の方、作業を進めていたんですが、楽器の電源が入っていたおよそ10時間のうち、正味の作業時間は半分くらいです。

ちょっとだらけすぎてるな。
履歴書や自己PRなどの書類もまだ書けてないし。これじゃイカン、なんぼなんでも・・・

さておき、ここ2~3ヶ月の間作曲してるものは、基本的に音源の出力を適宜パラにして、必要に応じてアウトボードを通すなどしながら、ミキサーでまとめたものをそのまんま録ってしまっています。
それ(波形)を別のファイルに立ち上げて、一応のマスタリングを行ってスケッチ完成、という感じなんですが、
この録音の時にかなりノイズが乗るんですよね。
曲調によっては非常に目立ちます。例えば、静かなピアノソロの部分など。

ノイズの種類としては典型的なホワイトノイズだったりします。ミキサー自体がかなりノイズを載せてしまってるみたいなんですわ・・・結構困る。あとはK2000の内蔵エフェクターもノイズが目立ちますね。

力業として、2ミックスのトラックをコピーし、ノイズが目立つ部分担当とそれ以外担当に分け、前者のトラックにローパスフィルターをかけてノイズを削り、両者をクロスフェードさせてごまかすという荒技もやってみたりしてますが、面倒だし難しい。

ノイズだけキレイに押さえ込んでくれる、その上誰でも簡単に扱える、気の利いたノイズリダクションプラグインはないものか・・・

そこまで都合のいいものは無いんだろうなあ。

今日作っていた曲はRPGの村などを想定した曲で、静かな方だったりするので、ノイズが目立つのなんの。
録音しただけの状態のものを聴いてもそうでもないのですが、マスタリング段階でEQやコンプなどを通すと、ノイズの成分もぐっと持ち上がってくるわけで・・・・ここの段階の作業がまだまだヘタクソだってことなのかなあ。

まだまだ修行することはいっぱいありますわ。大丈夫か俺。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2005

手書き文書って面倒ですよね

全然大したことじゃないんですが、昨日、履歴書を書いてたんですよ。
久しぶりに手書きで書類を書こうとしたら、どーでも良さそうなところを間違うのなんの・・・
一袋ぶんの履歴書を闇に葬ってしまいましたとさ(w

今日は作曲。昨夜遅くに思いついた曲を追い込んでます。
大体の場合はまず何らかのフレーズを考えついて、そこに肉付けしていくことで曲の形になっていくんですが、
そればかり期待しているとスランプる事があるため、時々違う方法で作曲することになります。

例えば何らかのコード進行をまず作ってみる(教則本や既製の楽譜などからパクることもあったりして)、
そうすると、そのコードの上にメロディーやフレーズが出来てくることもあるし、コードに続く形で流れが見えてくることもある。

あとはリズムが先にあって曲の展開が見えてくることとか・・・

・・・・・こうやって書きだしてみると、スランプってるときでも何とか曲をひねり出せそうな気がしてくるんですが、
実際やってみるとそうでもないのは何故なんだろう・・・(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2005

思いつきで出かける

まあいつものことです(笑

天気が良かったので、お昼からドライブへ。
コースは鶴居村・弟子屈経由で摩周湖、硫黄山、屈斜路湖、(摩周湖まで戻る)、弟子屈方面から標茶方面へ行き、釧路町遠矢方面から帰宅。

摩周湖に着いたあたりの天気が絶妙で、素晴らしい眺めでした。
というわけで写真。

mashu1

mashu5

mashu2
これは「おや?」と思われるかも知れませんが、摩周湖はカルデラ湖なので、斜面を撮してみるとこのように湖が壁のように見えてしまいます。

湖側だけでなく、振り返ってみるとこんな感じ。
mashuomake
ヘアピンカーブが幾つもある恐ろしい山道が待っています(笑)

こちらは硫黄山です。
iou
煙ってるあたりを大写しにしてみるとこんな感じ。

iou2
ここは昔はてっぺんまで登っていくことが出来たのですが、数年前に崩落による死亡事故があって以来禁止されてしまったようです。登る気まんまんだったのでちょっと残念。
でも、確かに記憶にある姿と違うんですよね(^^; その違和感の正体は崩落によって姿が変わっていた、ということだったのか・・・恐ろしい。

おまけ
iou3
ものすごい高温ですので、触るとタダではすみません。が、これを利用してタマゴを調理し、その辺で売ってます。
蒸気で作るゆでたまご(蒸してるわけだが)みたいな感じ?硫黄の香りが独特の風味を付けて美味しいですよ。

屈斜路湖にはキャンプ場がありまして、何年か前にここでキャンプをしたら突風でテントが飛ばされ、えらい目にあった思い出があります(^^;
kussyaro1

釧路へ戻る途中の弟子屈にて。道路沿いの広大な牧草地です。なごむ~
bokusou
ながめのいい場所は無数にあるのですが、なかなか車を停める場所が無いのが残念なところですね。
山の中なんて通ってると非常に辛いです。

hosooka

これは達古武湖のカヌーボートで撮ったものです。
車は何台もあるのにカヌーは無かった。まさに乗ってるところだったのでしょうか・・・・楽しそうだなあ。

実は納沙布岬と釧路を往復するよりは、今回の方がちょっと早かったり。通り道にも時間の関係で寄らなかった
場所が結構あるので、また行って来ようかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2005

ユユレイム

唐突ですが、ミクロマン買ってきましたー

あの、素体状態のヤツです。

デッサン人形によさそうってことで、かなり音速遅めではあるんですが(^^;
これほんとに凄いですね。普通のデッサン人形なんて売れなくなるんじゃないのか??

yuyureimu

で、早速活用してみた(らしい)のがこれ
どの辺に活用したのか微妙なところ・・・・(^^;
今日は作曲もしっかりやりましたし、なかなか充実の一日でした。頑張りゃーーー。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

June 17, 2005

なんじゃってー

E-MU PatchMixDSPの1.80が登場。早速ダウンロードしたんですが、インストールできないんですよこれ。

コンピュータに予めインストールされているE-MU E-DSPデバイスドライバーを検出出来ませんでした。
E-MUソフトウェア/ドライバーインストレーションCDからE-MU PatchMix DSPソフトウェアをインストールしてから、このインストレーションプログラムを実行して下さい。

・・・・待て、落ち着け。この画面の右下にでっっかく居座ってるのは何だと言うんだね君は?
インストールされてるどころか起動してるというのに「存在しません」ときたもんだ・・・

なんでうちのPCはこういう理不尽なトラブルが多いのだろうか orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

作曲してねーーーッ

多少の危機感を覚える今日この頃。

もともとは夜に作業を始めるつもりだったんですけどね(^^; 丁度作業を始めたタイミングで友達から呼ばれたですよ。
で、今更ですけど「マッハ!!!!!!!」観て、そのあと「ムエタイの強さを検証するのだ」とか言って鉄拳5開始。
この辺の思考回路がまあ普通じゃないのかも知れませんが(みんなバキ大好き人間だからムエタイには格別の思い入れがあるのだ、いろいろな意味で)、映画もゲームも楽しかったっすね~
今日は3人入り乱れての対戦タイム、殆どをランダムセレクトで戦ったのですが、どういうわけか元大関と木人の出現率が高かったですわ。

あ、ムエタイは最初の方でちゃんと使ってましたよw

さて、順番は前後するのですが、今日は昼から夜までずーっと音楽を聴きつつ、手持ちのCDをリッピングしてmp3にエンコードするという作業をしてました。
これまで、mp3エンコーダを使う=自作曲等の自作データをサイト公開用に圧縮するため、だったため、まともに本来の(?)目的で使うのは初めてみたいなもんだったりします。ついこの間までタグに日本語使えるのも知りませんでした。

今日はひとまずPSPに突っ込んで車で聴いたりしたい(ちゃんとしたMP3プレイヤーは持ってないのでPSP+512MBのメモリーカードがデフォ)ものを優先的に選んでいきました。
マーカス・ミラー、ジミー・スミス、パット・メセニー・グループ、スティービー・ワンダー、ビル・エヴァンス、マイルス・デイビス、グロリア・エステファン、ティファニー、シェールあたりから開始。グロリア・エステファンのアルバムが一枚行方不明なことに気づくなどハプニングもありましたが、まあまあ順調に。

で、マーカス・ミラーを聴きながら鍵盤触ってて「キターーーーー!」となったときに電話が来たわけですよw
まあコード進行は書いておいたから明日ちょっと鳴らしてみよう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2005

突発写真館

唐突に「きれいな風景を見に行きたい!」と思い立ち、個人的にも数年ぶりに根室方面へ遊びに行ってきました。

思いついたのが13時過ぎだったんで、せめて午前中に出ていればいろいろ回れたんですが・・・(うちから根室を抜けて、北海道の最東端である納沙布岬まで、およそ3時間弱)。

帰ってきたのは20時くらいでしたがハラが減ったのなんのって(^^;

というわけで、公園全景。
zennkei

「四島の架け橋」なるオブジェ。でかいです。
kakehashi
真ん中にぽつんと台座が見えますが、あそこには常に火が焚かれております。

海が写ってるのを3枚。海の向こう側に見えてるのは・・・そう、いわゆる北方領土です。
hoppo

kunashiri

plate
これ、なんていうんだっけ・・・(^^;全国各地の石を敷き詰めてあります。

根室市内へ戻って軽くブラブラしてから、釧路への帰り道。

huurenn

ennrei

huurenn2

風蓮湖の道の駅でなんか食べて帰ろう、と思ったら17時で閉まってるんですよw
なめとんのかー。

というわけで、遊歩道を少し歩いて楽しんできました。本当は一周してきても良かったんですけど、森の中で道ふさがってるんですよ、倒れた木なんかで。
整備してくれ。

昼間はいい天気だったのですが、日が沈んで~はものすごい勢いで霧が立ちこめてきました。
本当は厚岸あたりも景色がいいので撮っておきたかったんですが、またの機会に。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

今日は2曲仕上げて録音

ベースパートの録音には真空管と悟ったり(ぉ

4月に札幌で買ったベリンガーのマイクプリが大活躍してます。打ち込みのライン録音でも効果抜群、アレなしでの録音はもう考えられないっす・・・・・
シンセリードなんかもいい感じになります。

本気でもう1~2台買ってステレオで使用してみたいところ。そういえばラックマウンドの2ch真空管マイクプリも出てたっけ・・・

reimu_blue

某・博麗の巫女さんのつもりだったのですが、リボン描かないと誰なんだかわからんワナ
保存するまで20分くらい。この程度なら半分の時間で描けないとダメだな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2005

いろいろ

左の親指が真っ赤ですよw 痛てえのなんのって、でもついやってしまいます。
東方花映塚! 製品リリースが本当に楽しみです。

作曲は相変わらず不調~ ま、4・5月が異常だったと思えば普通かも知れませんがw
とりあえず今日は「RPGの町・村」のイメージで作ったものを一曲仕上げまで。

6月に仕上がったのはまだ三曲しかないんですが、スケッチ自体は8曲程。4・5月の所からも選ぶとして、今週中にどこかへ応募できるかな~

実は自己PRとか書くのがすごく不安なんですけど(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2005

夜中に空腹感w

前日にあまり眠っていなかったので早めに床に就いたのですが・・・

眠れねえ

酒の力を借りよう、とコンビニに行ったところで気づきました。おなかすいてるよ・・・
確かに夕食がちょっと早めだったか。しかしこんな時間に喰ったり飲んだりする太ましくなってしまう(手遅れ気味)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2005

サターンパッド購入

ただしUSB版が市内どこにも売ってないので、コンバータ+PS2版。

しかもエレコム製のコンバータしか売ってなかったので、結構な覚悟を決めて購入したのでした。
試してみて満足。これで、ゲーム中にいきなり入力を受け付けなくなるような事はあるまい!!

前に使ってたパッドは、ケーブルの部分が断線しているなどの物理的なダメージがありそうなので廃棄処分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2005

またイース4

まだ未確認ですけど、エンディングが変化する要素がありそうで・・・二周目を頑張って終わらせてみます。

PSPの「朱紅い雫」は・・・
すいません、王都フィルディンに到着したところで止まってます。めっちゃ序盤。

音楽やグラフィックは堪能したいけど、Win版シナリオというだけで萎えまくります・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のだらけっぷり

お昼ころにのそのそと起き出す。

飯喰って~

昨夜手を着けた、えーりんCGの塗りを始める。

16時30分、DTMマガジンを買うために出かける。

帰ってきて食事、また塗りを始める。

終わってからしばらくサイトの更新作業をして、

楽器に電源を入れたのが20時過ぎw

で、今は夜中の1時20分。ついさっきまで作業してました。
昨日・今日は調子いいです。

こう、インスピレーション?が「ぐわっ」と湧いてきて、「得たり!」って感じで没頭しました。
いつもこうならいいんだけどなあ・・・来週中には応募作品が揃うか。

頑張ろう(汗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2005

職安行ってきたヨー

まだ失業手当の支給始まってないんですけどね。
一応既定の回数は行っておかないと、期間に入ってももらえないからなあ・・・

今日はすごく久しぶりに(?)メロディーが「降って」来たので、開始時間は遅かったけれど楽しく作曲。

メロディとコードとおおまかなアンサンブルが入れられたからこんなもんでいいでしょう。

いつもこうならいいんですけど、考えてみると4・5月は毎日そんな感じだったわけで、その方が特殊なのかもしれん。
とは言え、毎日楽器とPCに向かって断片的なものでも作り続けていることはムダにはならない・・・

・・・・・と思いたいもんです(汗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2005

スランプ継続中

いやね、なんだかもう

ダメぽw

曲作りも全然「これだッ」って来るものがなかなかなくて、惰性で適当にやって、そのショボさに途中でイヤになるし
ゲームでもやって気分転換を・・・と思ったら二面で氏にまくる始末w

鍵盤・・・まあ作曲じゃなくて適当に弾けそうなのを弾いていて、ちょっといいなーと思ったら
シーケンサに録ろうとすると間違えまくって全然弾けないとか
まあ、そういう事もあるさー

しかしもう何日も、いやすでに1週間以上もマトモに作曲できてない。
これじゃダメだ・・・どうしたもんだか。

・・・作れない感じの日は、悶々とするよりもなんかCDを聴きまくるとかにするかねー
栄養補給って感じで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2005

某氏のリクエストで

妖夢~

youmu

下書きが残ってるとかデッサンおかしいとか線がへにょいとかは禁句(ぉ
まあ10分程度で描いたものならこんなもんでしょ・・・

時間かけてもたいして変わらない訳ですが・・・ orz

(ところでリクエストは「美乳の妖夢」だった、応えてねEeeeeee!!)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 07, 2005

スランプる

6月に入ってから、どうもメロディアスな曲が作れなくなってしまいました(^^;

短い断片ならいっぱい出て来るんですけども・・・開き直って「そういう曲」として作り貯めしておくか。

ていうか4月5月に作りまくったものがもったいないので、そいつらをまとめて応募作品にするかなあ・・・
悩みます。

(悩んでるヒマがあったら精進しろと?
・・・・・・・・・・・おっしゃるとおりでございます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2005

なんか突発的に

USB版サターンパッドが欲しくなってきました

あんま金ないけど(無職だしな)ポイントで買ってくるかね~
釧路で売ってるかどうかわからんのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2005

「まだ」か「もう」か

いやまあ、例によって大した話じゃないんですけど。

kayano_001

散り始めているとはいえ桜が(^^; 
これが道東、これが釧路クオリティ。
ちなみにこの後すぐ雨が降り始めましたw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2005

無題(ぉ

今日も一応作曲。昨日と同じ様な感じで、ソフトシンセだけで作業してみました。

ただ、いまいち乗り切れなくて微妙なものに。
もっと思い切りよく行かないと、テクノっぽいようなエレクトロニカっぽいようなパターンベースの曲作りはうまくいかないかもですね、もっといろいろ聴いてみないとダメなんだろうなあ・・・

で、久々に弾幕(東方妖々夢)をやってみたんですが、easyをクリア出来なくなってましたよ、ええ。

orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2005

今日の一曲

050603-02_32.mp3

今日から(出来るだけ)毎日1曲の作曲を再開。
一日一曲のスケッチを作り、三曲毎に最初に戻って手を加え、3回の作業で一曲を完成させる、という微妙な計画です。一日一曲のスケッチを作るのも、手を加えるのも難しい事じゃないのですが(実際4月5月で50曲近く作りました)、出来が悪くても意地で形だけ整えるようなことは・・・アリなんでしょうかねえ(^^;

本日の使用音源:

○E-MU Emulator X +Street Kits
○Synth1x3台
○mda DX10
○Steinberg JX16
○CM EVE

EmulatorXとEVE以外はフリーウェア(JX16はCubaseに標準添付されてるもの)です。
EVEは海外雑誌の付録についていた特別バージョンのもので、本来はシェアウェアです。

今回は珍しく全部ソフトシンセだけで作ってみました。作業時間はのべ2時間くらいです。

・・・・頑張ろう(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

効果音をいろいろ作成

今日は、ゲーム用の効果音の作成で一日ツブしました。

使った楽器はDX7IIFD、Proteus2000、そして Synth1

DX7IIは意外と多用してまして、エレピやベースだけでなくパッドやシンセリード、笛っぽい音、パーカッションなどいろいろな音色を作り貯めています(^^;
音が特徴的で、なんて言うかすごく目立つ音になるので、音量が小さくても存在感があり、便利に使っています。
今回は効果音ということで、気が付いたらDX7で40種類ほどの効果音を作ってしまっていました。
アフォか。

DX7で作ったSEの例

Proteus2000はレコードのスクラッチ音が結構入っているので、それを加工してSEを作りました。

で、Synth1ですが、これはすごく有名なフリーソフトのバーチャルアナログシンセサイザーです。
ずっと前からインストールしてありますが、実はまともに触ったのは今日が初めてだったりします(^^;
そしてそのすさまじい性能に感服しました。
(microKONTROLでつまみやスライダーを駆使して音づくり、ものすげー楽しいっす)

Synth1で作ったSEの例

あと、PSP版の「朱紅い雫」買いました。まだプレイしてないんですけど、気長に楽しもうと思います。
白き魔女やイース4の時のようなプレイ日記はたぶん無いかと・・・感想くらいは書きそうですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2005

PS2「イースIV マスク・オブ・ザ・サン」(8)

終わったはずのプレイ日記がなぜ!? いや、いろいろ語りたいんですよ。それくらいイース4という作品は、僕にとって、13年前からずーっと特別なものなのです。(制作発表自体は発売より前に行われてるので、それ以来という意味です。)

・・・今回はプレイ日記じゃなくて、ストーリーの要点を整理する意味も込めて、ちょっとした、浅はかな考察を行います。
もちろん、容赦なくバレとるで。

○アイテム

●6本の聖剣
レファンス王と五忠臣がそれぞれ振るった聖剣で、実は「太陽の仮面」を封印するために、エルディールが6人に与えたもの。
エルディールの言によれば、大河の村セルレイで造られたようです。
それぞれ、各地に散らばる五忠臣の墓(同時に神殿)と峠の頂上にあるレファンス像に安置されており、古代都市の封印を解く鍵にもなりました。最後の戦いでは、全ての聖剣を使って古代都市の中枢を破壊します。
その後どうなってしまったのかは不明。おそらくは魔法の力を失い、美しい普通の剣になったのでしょうか。

旧作のうち、PCエンジン版イース4における魔法の杖と、SFCでの魔法の剣(炎風の剣、激光の剣など)両方の役割を兼ねていますね。

●「7冊目のイースの書」
プレイヤーが手に入れるものではありませんが、冒険のきっかけとなる重要な存在。
その正体はイースの書ではなく、銀で飾られた呪文書にすぎませんでした。
アドルがセルセタ行きを決心した直接の原因(ストーリーの導入役)であるとともに、各街・村で「魔導書を持った謎の人物」のうわさ話が聴けることか、中盤までの牽引役でもあったようです。
が、これはやや失敗しているように見えます。
しかし、僕はこの手に入らない(そして結局はニセモノだった)アイテムこそ、今回のもっとも重要なキーアイテムだったと考えています。

他にもいろいろあるけど、今回書きたい内容に関係するのはこれくらい(ぉ

○白き伝承と黒き伝承

セルセタに伝わる、有翼人にまつわる伝承。有翼人を善なるもの、神の使いいや神そのものとして語り継ぐ「白き伝承」と、悪なるもの、人間たちに敵意を持ち、その優れた文明の利器によって滅ぼそうとした(そしてレファンスと五忠臣によって倒された)ものとして伝える「黒き伝承」。
互いに正反対と言って良いこれらは、PS2版イース4の新しい設定のなかで特に重要なものです。

ゲーム中の描写や風景を見る限り、ほとんどの土地では黒き伝承が正史として信じられており、白き伝承は、聖域に仕える高原の村ハイランドにのみ伝わってたようです。
ところで、黒き伝承は大筋においてSFC版の設定と似ていますねw黒き伝承は実は誤りであったことが次第に明らかになっていくのですが・・・
しかし、もちろんそんな皮肉(だと思う)だけではなく、PS2版の物語の中で大きな意味を持っています。

○闇の一族
「闇の一族」という名称自体は、原案段階では設定されていなかったようです。旧作ではPCエンジン版の設定と言うことになるのですが、その時は「セルセタにかつて君臨した暴君、殺戮王アレムに与したものたちの末裔」という設定でした(アレム自身の子孫だったかどうか、ちょっと自信ナシ)。
原案やSFC版においては、彼らは単に「3悪人」や「3人の魔道士」といった感じで、名称のやる気のなさ同様にそのルーツや目的はいまいちつかみきれませんでした。

ここまで踏まえておいて、PS2版においても「闇の一族」という名称が使われていますが、その意味は「ロムン帝国の部隊の名前」と意表をついたものになりました。
ロムン帝国が、侵略した国々から魔法の素養がある子供達を集め、過酷な条件下でさらに殺し合いまでさせて、生き残った者達だけで構成されたという悲しいエリート部隊です。

グルーダ、ガディス、バミーの三人の心には、それぞれ重く辛い過去とロムン帝国への恨み、そして世界への逆恨みと強い仲間意識(単純なものではないけど)がどろんどろんに渦巻いています。
この「世界への逆恨み」-まあ、語弊は大いにあるんですが-こそが、PS2版イース4においてのもっとも重大な要素であり、物語の根幹を為す重大なテーマなのです。

○PS2版イース4の、物語の主題

いきなり結論を書いちゃうと、PS2版イース4の物語というのは「過去の呪縛と不幸の連鎖を克服する物語」だったのだと思います。これらから生まれるのが逆恨みというわけ。カーナがアドルやフレアに抱いた感情もそう。
彼女は今回のメインヒロインとして結構キツイ役割を与えられています。

さて、過去の呪縛と不幸の連鎖とは一体なにか?
これは、実はそれぞれが複数あるのだと思います。

●セルセタの人々

セルセタの古代文明そのものと、黒き伝承。
黒き伝承の実態は、人間達の側で起こった身勝手な(しかし無理もない)誤解によって生まれたものであり、歴史の真実とは真逆と言ってよいものでした。
800年あまりの時を経てなお村々の間にわだかまりを残しているのですから、もともと古代セルセタの殆どの人間達が、有翼人と神器を誤解し、反目していったのでしょう。

その背景にあったのが太陽の仮面です。
本来はエルディーン水没の恐怖がさめやらぬ人間達のために、万が一に備えて造られた「太陽光を集めて海をも焼き尽くす神器」でした。しかし第二のエルディーン水没は起こらず、次第にその恐怖も薄らいでいった人間達のために有効に使おうと、神器は太陽光を集めるという性質はそのままに、一種の気候操作システムとして利用されていくことになります。
太陽をおだやかにほほえませる、という意味から「太陽の仮面」と呼ばれるようになったのですが、心ない一人の人間がこの機能を狂わせたことでセルセタは崩壊への道を辿ります。
しかし人間達は自分たちの非を認めず気づかず、もう一つの神器であった「黒真珠」(イース1・2のあれです)を太陽の仮面から遠ざけさせ、双子の女神(もちろんアレです)と6神官がセルセタから去るという結果になりました。

黒真珠が無くなったことで太陽の仮面は暴走に向かい、セルセタの半分を焼け野原にしたときも、人間達は残っていた有翼人(エルディール)が人間を滅ぼそうとしたのだ、と噂しますが、エルディールはそんな人間達をまだ見捨てず、レファンスと五忠臣に聖剣を授け、太陽の仮面を湖底に封じたのでした。

しかしそのことは多くの人々には伝わらず、結果的には誤りの歴史である黒き伝承として、セルセタのほぼ全土で脈々と語り継がれていきました。

以上は、セルセタに住む人々にとっての「過去の呪縛と、不幸の連鎖」です。

白き伝承を伝えてきたハイランドにとっても、他の村々からの孤立という不幸が代々受け継がれていますし、その過去から続く確執に呪縛されているのです。

そして、ストーリーの舞台であるゲーム中の「現在」もまた、古代文明の遺産を狙う勢力によって荒らされ、多くの命が失われています(その中にはカーナの弟レムノスが居たわけで、カーナは物語のヒロインとして悪役サイドと善玉サイド両方の心情をプレイヤーに伝えるという役割が与えられた)。

各地に点在している有翼人像はそのまま二つの伝承を象徴します。
エンディングに登場する有翼人像が全て「白き伝承」の五体満足の像になっていたことは、そのまま不幸の連鎖が断ち切られ、セルセタの人々が伝承の呪縛から解き放たれたことを表しているのです。
(無論、オープニングの最後に頭と腕の無い有翼人像が映し出された理由もお分かりになると思います。)


●グルーダ、バミー、ガディスとブラトス

もう一方の「過去の呪縛と不幸の連鎖」の体験者は・・・そう、闇の一族とブラトスです。

・ブラトス

ブラトスはもともとロムン帝国での魔法研究の権威でした。彼は闇の一族を束ねる機関の長でもあり、善悪はともかくとして、高い地位を持った人物であったことは確かです。
が、魔法の研究で大きな失敗をしたことでその地位を追われてしまった、ということがゲーム中で語られます。
その失敗とは、「アドルがエステリアでしたこと」が原因でした。
つまり、ブラトスが研究していた魔法というのは、黒真珠の力によって生まれた魔法だったのでしょう。魔力の源であった黒真珠(その化身である魔王ダーム)がアドルによって倒され、女神達によって人間の世界からは無くなったことで、魔法の研究はたちゆかなくなったのだと思われます。

このことで「アドルを憎んでいた」というブラトス。

ところで、黒真珠はセルセタからエステリアへと運ばれたものであることが、作中で明らかになります。
ブラトスの不幸は元を辿れば古代のセルセタへ行き着くのです。
そして彼の不幸とは、研究の成果を得られなかった(あるいは失った)ことだけでなく、魔という「人間にとっては早すぎた力」に魅入られてしまったことに始まっていたのでしょう。

そのブラトスによって光ある人生を奪われた被害者が闇の一族達でした。
(これを不幸の連鎖と言わずして何と言おう?)

闇の一族はブラトスを恨み、ロムン帝国を恨み、やがて自分たちの行う殺戮や非人道的な行為の数々をも正当化するようになります。キャラクターごとにその形は違っていても、PS2版イース4の物語の根底に流れるものがなんとなく見えてきた気がしませんか?

グルーダ、ガディス、バミーの三人には強い(そして複雑な)仲間意識がありました。

・ガディス

姉を失った過去から、グルーダとバミーを自分の兄姉と慕うガディスの過去は、おそらくは村の口減らしのために、愛する姉によってブラトスに売られた、というものでした。
その現実を受け止めることが出来ず、ガディスの心の中で姉の死が捏造されます。
そうして失ったのが姉ですから、バミーにはよくなついていたのでしょう。しかしバミーがそれをウザがっていた、というのも彼女の口から開かされます(^^;

ガディスは「ロムン帝国を倒し自分たちのような悲劇を生み出さない」という信念と、グルーダ・バミーへの強い仲間意識(家族愛と言って良いと思います)に突き動かされる一方で、その自分たちが見知らぬ誰かの命を、人生を、家族を奪うという矛盾をどこかで感じていたのでしょう。リーザへの一言が持っていた優しい響きや、己の過ちを認めながら、グルーダとバミーのために殉じた最期の場面によく現れていたと思います。

・バミー

バミーは捨て子だったところを保護され、闇の一族として育てられたといいます。
「今となっては両親に感謝している」という台詞もありますし、リーザを塔から突き落としたり、レムノスを魔物化させて、彼が苦しみの中で村の仲間達を血祭りにあげるのを楽しんだ、など、闇の一族3人の中では特に非道な印象が強く描かれていました。
しかし、彼女を動かしていたのはガディスと同じ、強烈な仲間意識(やはり家族愛と言って良いもの)でした。
家族全員を殺されたグルーダのために、自分がグルーダの永遠の家族になる。ロムン帝国への復讐を済ませたら・・・とそう語るバミーには、非道さだけではなく、善悪の外にある究極の母性(とでも言うべきもの)を感じます。
「永遠の」って言葉を付けてるあたりがいいですね。いろいろ妄想しちゃいますわ(^^;死が二人を分かつまで、ではない。死でもってすら分けられない、そんな絆を与えようとする。そしてそれは、グルーダが何より絆を求めていることを察している、ということでもあるのでしょう。
「自分の幸せのために他人を不幸にする」ことを「あら、いけないの?」と言い放つ彼女ですが、行動の非道さの裏には「グルーダのためなら」という言葉が隠されているのです。

そのバミーに訪れた終わりは、精神の崩壊でした。
人間を魔物に変え(作中で魔物に変えられたブラトスは、それを「永遠の苦しみ」と表現している)そのさまを楽しんですらいた彼女は、自らが魔物と化してしまい、戦いの後で人の姿は取り戻すものの、こころを失います。
それは当然の報いであったのかも知れません。報いとは、罪に対してどこからか巡り巡って訪れるもの。
そう考えると、彼女は連鎖してきた不幸を一身に受け止めたキャラクターとも言えます。

・グルーダ

物語の最後に明かされたグルーダの過去は壮絶なものでした(この場面はとにかく、グルーダ役の声優さんの演技が素晴らしかった!)。
父の命を救うために禁を破って魔法の力を行使したことが元で、巡り巡ってブラトスに全てを奪われたグルーダ。
ブラトスへの恨みは三人の中でもひときわ強かったのではないでしょうか?
そして、彼にとってバミーとガディスはかけがえのない仲間だったに違いありません。ゲームの冒頭の場面で、「自分の分を超えた事はするんじゃない」、みたいな事を言っている場面がありました。僕はてっきり、あれはポーズで、本当は二人の事を駒としか考えない非道なヤツに違いない、と思っていたのですが(旧作のイメージがあると、結構そう思っちゃう・・・よね?)、クリアしたときにはこいつのことが大好きになっていましたね(笑)
三人の中でグルーダだけが旧作と全く異なったイメージのデザインになったのは、キャラの内面を象徴してのことだったんだろうと思います。

話を戻します。今回、最初の方でアイテムについて書きましたが、あの「7冊目のイースの書」を持っているのがグルーダです。

実は単なる呪文書であったこの本、物語の中で「過去の呪縛と不幸の連鎖」を象徴する存在として扱われています。
グルーダにとって、最大の恨みの対象であったブラトスが虚栄心で造らせた本。それを(ゲーム中では)常に持ち歩いているグルーダ。この本は、いわば魔法研究者としてのブラトスの証です。であるならば、闇の一族を統率する者としてのブラトスを象徴するものでもあったのではないでしょうか?
グルーダにとってそれは、忌むべき過去の象徴に他なりません。そして、優れた才能を持っているとはいっても常にこの呪文書を用いて魔法を行使するのは、その過去の呪縛から逃れられずにいることの象徴なのです。

そんな本を「イースの本」と呼ばせているのは、物語の導入としての必要性や、正体との意外性というだけの意味合いではなく、イースの国の不幸な出来事を意識させるためのからくりでもあるのでしょう。
そしてそれは、「過去の呪縛」「不幸の連鎖」を象徴するこの本こそが、それらを打破するための鍵となることをも暗示しているのです。(つまり、イースがアドルによって、人間の欲望が生み出した魔の脅威から解放されたことそのものを伏線として扱っていると言えます。)

また、グルーダもアドルのことはそれなりによく知っており、「お前はまるで光の子だな」「私はお前が嫌いなのだ」と発言。これは、ストーリーの重要な要素である「逆恨み」の1つです。

そして、彼に訪れた終わりは・・・

●物語の結末
考察をうたうからには、触れないわけには行かないでしょう。
戦いの後、アドルとグルーダはどうなったのか。あのときアドルは何をしたのか。
まあ、これはすぐ分かると思うんですが・・・「とどめを刺せ!!」と迫るグルーダに近づいていったアドル。
そして剣の音。

あれはグルーダが持っていたあの本を斬ったに違いありません。
アドルのふるう剣が古代都市の中枢(セルセタの古代文明そのものであり、長きに渡ってセルセタに伝わってきた過去からの呪縛の象徴)を破壊し、同じように、グルーダ達を呪縛してきたものを象徴する(グルーダにとっては、まさに呪縛そのものが形を為したと言える)本を叩っ斬ったのです。

なんともスジが通っていて、まっすぐでスカっとする展開ではないですか。やっぱり鬱なのはいけませんw
そしてグルーダは、アドルからバミーが生きていること、しかし、既に一人では生きていけないことを伝えられたのでしょう。彼はアドルへの反感や確執のことよりも、バミーのことを考えたのに違いありません。
彼はそういう男なんですよ(笑うところ)。

バミーの願いは叶いましたが、それを願った彼女は、もういません。しかしいつか、彼女の心が帰ってくる日が来ることを信じたいです。アドルというキャラクターはそういう男のはず。だからプレイヤーである僕たちも、彼になったつもりで信じようではありませんか・・・。
(呪縛が断ち切られたからには、不幸の連鎖にも終わりは来る。上の方でバミーを「連鎖した不幸を一身に受け止めた」と書いたけど、それもいつかは・・・。)

・古代都市
ゲーム中では、グルーダの場面の直後がもう船の上、ですので、旧作のように古代都市の崩壊は描かれません。
動力源を失ったからには、湖の上空からは落ちていったのだと思いますが、上手い具合に再び湖底に沈んだのでしょう(^^;
アドルとグルーダはちょうどいい感じに湖に飛び込んだとか(英伝5のラストみたいに)、そもそもあの古代都市には墜落になんらかの備えがあったのかも。有翼人が作ったモノですから、それでもおかしくはないと思います。

・カーナ
順番としては本当は最後に持ってくるべきじゃないのかも知れませんが、今作のメインヒロイン、カーナについても少し書いておきます。いいかげん長くて僕も疲れてきました(ぉ

物語上のカーナの役割というのは、自分の身をもって「呪縛」や「不幸の連鎖」を体験してプレイヤーとアドルに見せてくれることと、それを乗り越える(のを見せてくれる)ことです。
抽象的な言い方で断言して逃げ切りを狙っているように見えますが、そういうわけではなくて(^^;

まず、登場したときのカーナは「黒き伝承」を信じています。
これは、彼女もまた、過去からの呪縛にとらわれている一人であるということです。
行方不明の弟を案じ、ちょっと調子のいいところがあって、正直で優しくて気が強くて・・・と魅力的なヒロインとしての印象をしっかり植え付けた後で、一部で不満を呼んでる「人殺し!」が来るわけですねw
(余談だけど、旧作でも5でも6でもアドルは普通に兵士と戦ってます。人を殺したことはあるのでしょう。)

レムノスが行方不明となったのは、闇の一族によって魔物に変えられたためでした。
レムノスは他にさらわれた人々を解放する代わりに、自分が魔物にされてやる!と申し出たのですが、魔物に変えられた彼は血の涙を流しながら、同胞を皆殺しにしたということがバミーの口から語られます。
そのレムノスをアドルが殺し、コモドの村やカーナは深い悲しみにくれることになりました。

そしてカーナは、アドルに、フレアにまで「逆恨み」の感情を抱きます。
これは、古代セルセタの人々が有翼人に抱いた感情であり、バミーたちが他者に抱いた感情であり、ブラトスがアドルに抱いた感情です。
そして、フレアがアドルとプレイヤーに示したのは、感情に流されず、本当に必要なことを見据える、という理性のはたらきでした。

カーナは怒り、悲しみ迷いながら、次第に落ち着きを取り戻します。
ただしそれはまだ危うい落ち着き。これが無力感として現れたことを示すのが、雨の中でのアドルとの再会シーンだったのでしょうね。
「あんたも、あたしも、あいつらも」許せないと言うカーナは単身聖域の城に忍び込み、そこでブラトスがバミーの恨みによって、魔物に変えられてしまう場面を目の当たりにしたのです。
これが彼女の心に火を付けることになり、まあブラトスにあっさり倒されちゃうんですけど、本当に戦うべき相手をここで見据えることになりました。
ただし、この時点ではアドルへの逆恨みはおさまっていないと思います。
本当にそれが晴れるのは、もちろんブラトスが人間に戻り、魔物に変えられる苦しみを語り、アドルに感謝を述べるのを見てのことなんでしょう。
そしてブラトスの自刃には、その理不尽な最後に怒りを募らせたのに違いありません。

この「魔物に変えられた人は永劫の苦しみを味わっている」という設定にも深い意味を持たせてあるような気がします。これは書いてて思いついたことなので今回は割愛。

この場面以降、またカーナが頼もしい?サブキャラとして登場、アドルともちょくちょく行動をともにしますね。

そして、レムノスを魔物にした憎きバミーが、自業自得とは言え魔物になってしまい、さらには自我を失ってしまう。そのバミーを地上に連れ帰るというフレアに「手伝って」と言われ、カーナはしぶしぶとはいえ了承しています。
このシーンは、恨みという不幸な感情、それが連鎖することは何も生まない、悲しいことなんだという意味なのでしょう。もちろん、「弟の死」という悲しい過去に呪縛されず、それを乗り越えたという場面でもあります。
もしもカーナがアドルへの逆恨みを捨てきれなければ、おそらくレムノスの死は彼女の未来をも呪縛する過去となったはずです。そして、バミーを生かしておこうとは思わないでしょうね。

エンディングはほぼ全て、カーナの独白(手紙)によって進行しました。
こうやってカーナの心の動きを物語のテーマを仮定し、そこに当てはめながら見てみると、あのエンディングの必然性がはっきり見えてくるでしょう。

「あなたの行動が、きっとどこかで誰かを救っている。それは今ではなく、過去かも知れないし未来かも知れない。
そしてあなたがこの先幸せを感じるときは、それはあなたの知らない誰かのおかげなんだ、と考えてみて欲しい。」

手紙は、大体のところをまとめるとこんな内容ですよね。
これは、再三書いてきた「不幸の連鎖」の真逆の考え方といえるでしょう。
白状しますと、エンディングのカーナの手紙から考えていって「作中の不幸は連鎖している」と思い、それを生み出しているもの(として描写されたもの)の正体は「過去からの呪縛」である、というようにして「イース4」のテーマを導き出してみました。

では、悲しい過去からの呪縛を断ち切り、不幸の連鎖を止めるものとは一体なんなのでしょうか?
単純に言えば「ポジティブシンキング!!」てこと。何も恨むなかれ。

「なんだ、安っぽい」と思われるかも知れません。しかし、今回のイース4ではさまざまな形で憎しみ、誤解、逆恨みなどが描かれました。だからこそ、「憎んではいけない、誤解したままではいけない、逆恨みはしてはならない」ということにも説得力が生まれるでしょう。
そして、それがテーマならば、なんと正しいことか。本当に、本当の正当派。
「ジョジョの奇妙な冒険」でいうところの「黄金の精神」を感じますw

・まとめ

こういう物語は時に青臭いと言われます。しかしそこには紛れもない普遍性があるはずです。
人は時にそれを感じ取りながら、「青臭い」と言ってみたり、一種の気恥ずかしさを覚えてしまうことがよくあります。おそらく、少年時代に少なからぬ人が実体験しているでしょう(女性はどうなのかね、僕は男だからよくわからない)。

だから、ちょっと話がずれるけれど、今の「少年漫画」とかは悲しいと思う。本当の意味での「少年漫画」は、少年達にこそ読んで貰いたい、メッセージを受け取って欲しい、という熱意に貫かれた作品は・・・
当の少年達からは「青臭い」と敬遠されることが多々あるから。

僕は少年という歳では無いですよ、ええ。
しかし、僕は普遍的な感動を含む物語を体験して、感動しない人間にはなりたくない。
そうなることはある意味で精神の死だと思う。

逆に、そんな姿勢を指して「少年の感性」「幼稚な思考」と言う人も少なからずいるでしょう。ですが、本当に何も感じずに、たださげすみ笑っている人たちが・・・・果たしてどれだけいるものか?

人類が創作を覚えてからずっと、脈々と受け継がれてきた様々の古典には受け継がれるだけの理由があった。
僕は、コンピュータゲームがそういった形に昇華される日がいつか来ることを本気で信じています。
人間は素晴らしいものを生み出せる生き物なのだから。その人間が覚えた、新しい表現の形なのだから。

だからこそ、「ゲーム」の中で物語を語ろうとする作品にもそうした普遍性を、人間の心に生き続けるものを求めていたい。

「イース」シリーズにはそれがあると思います。
だから、僕は「イースIV マスク・オブ・ザ・サン -ア ニューセオリー-」に覚えた感動を恥じることはありません。
このゲームがあと20年、50年、100年残るものか?たぶん違うでしょう。
でも、そういったゲームが現れる下敷きにはなると思う。作り手が熱意を失わず、遊ぶ側が素直に感動できる心を持っていれば、ですけどね・・・。

で、客観的に見れば総合的には並程度の「イース4」ひとつでこれだけ語れる自分はやっぱり大馬鹿だと改めて思うのであったw
あと、やっぱり僕はイースが大好きなんだなあ、と。


・おまけ
ドギですが、出てこなくても良かったような。
エンディングではきっと船室で飲んだくれてるんでしょう(笑)

最後まで読んで下さった方、本当にありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2005

なんで音が割れますか?

予定通り、音楽の作業に集中できました。

とりあえずスケッチのデータを開いて、アレンジを若干変更した後、細かい調整や作り込みを進め、とりあえず録音しておこうと
思ったのです

何回試しても、録音したものを聴いてみると特定の箇所で音割れ。
録音する前のものを再生しているとき、録音中は割れてませんし、録音中レベルオーバーもしてません。
それでも瞬間的にクリップしてる?と思ってレベルを少し下げてみたり、リミッターをかましたりしてみたんですが、
例えレベルが-10db程でも割れてしまっています。
(普段からセッティングは変更してないので、基準レベルが合ってないというわけでもないのです。)

そんなこんなで4時間ほど格闘したんですがどーにもならず、あきらめ・・・
で、出かけるのにPCをシャットダウンしようとしたら、「このプログラムは応答していないため・・・」というダイアログが。
まさかと思ったらやっぱりMusic Studio Independenceでした。
これがゾンビ化していたことで、何らかの悪影響があったのでしょうか・・(^^;

でも作業の続きは明日(ぉ

rieza

昨日カーナを描いてみたので今日はリーザを描いてみました。
これはPS2版のデザイン(のつもり)ですが、実は昔の原案とSFC版のデザインが好きです。あのお色気とかがまったく無い、「・・・作業服?」みたいなのが意外と良かった(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »